床コーティングの種類

UVコーティングやウレコンコーティングなど、フロアコーティングには幾つか種類があります。それぞれにどんな特徴があるのか、どんな用途に適しているかについて調べてみました。ぜひ自宅に合ったフロアコーティングを探してみてくださいね。

UVコーティング

UVコーティングは最新のフローリングの施工技術で、他には勝るものがないと言われるほどメリットがたくさんあります。キズや汚れなどに強いのはもちろん、アンモニアや酸、アルコールやシンナーなど強力な溶剤などにもビクともしませんので、お子さんやペットがいて おしっこなどで悩まれている家庭には最適なコーティング剤です。

また、10年以上ワックスをかける必要もありませんのでお手入れがとても楽。施工には少々値が張りますが、頻繁にワックスをかける手間やワックス剤の値段を考えるととてもお得と言えるでしょう。

シリコンコーティング

シリコンコーティングのシリコンとは珪石(けいせき)・珪砂(けいさ)と酸素の結合天然物質です。そのため、フローリングコーティングの中では一番の安全性を誇りますので、お子様のいる家庭やハウスシック症候群などを心配されている方にはお勧めです。

シリコン成分は撥水性もあり、キッチン周りなどの防水にもよく使われます。

また、キズなどが付き難く、滑りにくい仕上がりになるので、お年寄や小さなお子様がいる家庭には最適と言えるでしょう。

ウレタンフロアコーティング

ウレタンフロアコーティングは数種類ある中で最も古く昔から使われていて、現在はマンションなどによく使われています。しかし、塗料によっては基準値をクリアしていないものもありますので、施工する場合は必ず業者に確認する事が必要です。

ウレタンフロアコーティングは油性と水性のタイプがあり以前は油性のタイプが主に使われていました。この事から有機溶剤の体への影響が心配されましたが、最近は人や環境に配慮した匂いの少ない水性タイプの物が多く使われています。

UVコーティングなどに比べ価格が安めですが、擦りやキズなどにも強く、水ぶきや洗剤拭きが可能なため日常のメンテナンスはとても簡単です。