施工前に気をつけること

フロアコーティング業者も決定し、もうすぐピカピカの床が手に入る・・・。そんなフロアコーティング施工を行なう直前の注意点についてまとめてみました。まだ業者やコーティングの種類を選んでいない方にも、ぜひ参考にしていただければと思います。

フロアコーディングは一通りの工事が終わった状態で

フローリングにコーディングをかける際には、家財道具など何も無い状態で施工していくのが基本です。

もしフローリングに傷や穴があったり、張り替える部分が残っている場合にはコーディングの施工の前の日までに必ず補修しておかなければなりません

コーディングをしてからの補修もできますが、回りのフローリングの色と変わってしまったりと直した跡が目立ってしまう事があります。見た目にもおかしくなってしまうので、施工後の補修はできるだけ避けたほうがいいでしょう。

すでにワックスが塗ってある場合

すでに塗ってあるワックスがきちんとフローリングに着いているかをまずテストして確かめます。問題がなければ、ワックスの上からそのままコーディングしていく事ができます。

しかし、ワックスが爪などで擦ると簡単に剥がれてしまうような場合があります。そのような時には、まずワックスを剥がしてからコーディングしていかなければなりません。業者によってはこの剥離作業が有料になる場合もあります。必ず業者に確認しましょう

他の業者と重ならないようにしましょう

他の業者が立ち入る事によって、コーディングの作業が途中で止まってしまう恐れがあります。

フローリングのコーディングは一気に施工していかないとムラができたりなど仕上がりがきれいにいきません。作業をストップさせないためにも出来るだけ他の業者の工事、点検などと重ならない日を手配する事が重要です。

施工には電気、水道を使いますので開通の手配、ブレーカーや水道の元栓も開いておきましょう。