フロアコーティング後のお手入れ方法

フロアコーティング後のメンテナンスは、素のフローリングと違って、基本は拭き掃除となります。

フロアコーティング後の基本は拭き掃除

フロアコーティングをした後の床は、基本的に汚れ難いですので、ワックスがけなどの大掛かりな掃除をする必要はなくなります。

コーティング後の手入れの基本は拭き掃除です。固く絞った雑巾での水拭きはもちろん、クイックルワイパーやダスキンモップのような、ドライモップによる拭き掃除も有効といえます。掃除機は本体のローラー部分で、余計なキズをつけてしまう可能性もありますので、あまりお勧めはできません。

お茶やジュースなどをこぼしてしまった場合は、放置せず直ぐに拭き取ることが重要です。台所や洗面台といった水周りにはタイル式のフロアマットを敷いておくのも良いかもしれませんね。

醤油や油、こういった落ちにくい汚れについても、できる限り早めに水で薄めた中性洗剤で拭き取るのがポイントです。肝心なのは「放置をしないこと」。放置したら醤油や油は固まってしまうので、強い力でこすり落とさなければならなくなってしまいます。これでは塗布面が削れてしまいキズが付いてしまう可能性が高くなります。

中性洗剤でダメなら、ベンジンやアルコールを使うのもよいでしょう。ただし、ウレタンコーティングには不向きですので、材質を考慮して掃除をするようにしてくださいね。

いつまでもピカピカの床を保つために

「いかに塗布面を維持するか」は「いかにしてキズを減らすか」ともいえます。家具や椅子を引きずったり、茶碗を落としてしまったり、フロアへの圧迫は日常茶飯事。UVコーティングなどの丈夫なコーティングの場合なら、多少の摩擦への耐久性はありますが、大きな家具を引きずるのは止めておきましょう。

お皿などを落として割ってしまった場合、箒で集めるのもNGです。箒は意外と硬いため、床を傷つける可能性が高く、さらに細かい破片を引きずることで、大きな傷へと発展してしまう場合もあります。大きな破片は手で拾い、細かい破片はガムテープで貼り付けるようにしてくださいね。